無垢床の快適さを長く保っていただけるように「リフレッシュ敷き直しサービス」を始めました!

先だってスタートした「無垢床お手入れサービス」でいろいろなお宅を拝見するうちに、経年や気候による乾燥が原因のスキが目立つお宅があることがわかってきました。

ご自身で敷き直された方から、「敷き直したら、部屋がシャンとなった!」という素敵なご報告もいただきましたし、私たち自身、自宅の敷き直しをして、その爽快な感動を体感しています。

敷き直すと、部屋全体がシャキッとします。
溝にはまったホコリやゴミが取れてすっきりし、経年で若干ズレていた材のラインがピシッと揃うからです。

空気感も、見た目も、足触りも、リフレッシュします

このように敷き直しでリフレッシュできるのは、釘や接着剤を使わずに設置する「敷くだけフローリング」ならではです。
かつて日本家屋では、大掃除で畳を上げて日向に干し、畳下も掃除してから敷き直していたそうです。
それと同じ感覚なのではないかと思います。

とはいえ、
「敷き直したいけど、何から手をつけていいか分からない」
「体力がないので、やってほしい」
とおっしゃるお客様もいらっしゃいます。

そこで、新しくスタートしたのが「リフレッシュ敷き直しサービス」です。

2つのプランをご用意しました

「リフレッシュ敷き直しサービス」では、「お助けプラン」と「お任せプラン」の2つをご用意しました。

◉「お助けプラン」は、スタッフがお客様とご一緒に敷き直しをするプラン。
時間単位でご依頼いただけるので、
 「最初の1時間だけ一緒にやってもらえば、コツを掴んで、あとは自分でできる」
  「一緒にやってもらって、短時間でやりたい」
・・・という方におすすめです。

◉「お任せプラン」は、敷き直し作業を全てスタッフにお任せいただくプランです。

2つのプランから、お客様のご事情やお気持ちに合わせてお選びいただけます。
お気軽にご相談ください。

床材をはずし、溝や元床を掃除し、あらためてピシッと敷きます

いずれのプランでも、まずは敷いてある「敷くだけフローリング」を適宜外し、掃除することから始めます。

それぞれの部屋の設計図は、大切に保管してあります。
どこから外すと敷き直ししやすいか、SMALL WOOD TOKYOが把握しているのでご安心ください。

お部屋によってホコリやゴミの種類や溜まり具合はさまざまです。
日頃お掃除をしていても、多かれ少なかれ溜まってしまうものです。

ホコリを掃除機で吸い取り、必要に応じて雑巾掛けもします。
無垢床の材と、下の元床もすっきり清潔にします。

きれいにしたら、設計図通りに敷き直します。
塩梅を見ながら家具を動かしつつ、きっちりと敷いていきます。

板と板の間にできていた細いスキが、敷き直すことによって、最後の敷き収めの部分で合計されて、それまでになかったスキとして出てきます。
広さにもよりますが、1cmを超えるスキになることもあります。
「リフレッシュ敷き直しサービス」では、そのスキを埋めるための敷き収め材もご用意します。

見える場所なのか、家具などで隠れる場所なのか、スキの幅はどのくらいかによって、無垢床と同じ素材で加工したり、天然ゴムのパッキンを利用したり、ご希望でお選びいただけます。

ご要望に合わせて、あなたらしい「敷き直し」をお手伝いします

「敷き直し」は、気分を一新する好機にもなります。
「気分をすっきりさせたい」と感じら、ぜひご相談ください。

◉「お助けプラン」参考価格(税抜)

例えば・・・

お助け1名で初めの1時間でコツを掴んで、続きはマイペースで。
15畳で〈サポート1名 1時間〉 12,000円(+交通費・出張費)

お助け2名。お客様も一緒にスピーディに敷き直せます。
18畳で〈サポート2名 3時間〉59,000円(+交通費・出張費)

*お客様がお使いになる道具のお貸し出しもご相談ください。
*収め材は、別途お見積もりします。

◉「お任せプラン」参考価格(税抜)

例えば・・・

10畳で〈目安 4時間〉  75,500円(+交通費・出張費)
18畳で〈目安 8時間〉131,000円(+交通費・出張費)

*収め材の料金も含みます。
*大きな家具などの移動がある場合は人員を手配します(15,000円(税抜)〜)

・・・あなたの「敷くだけフローリング」は今、どんな状態でしょうか。

メンテナンスが気になる時は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

テスト販売から約5年、本格販売を始めて4年半になる「敷くだけフローリング」

長く、快適に、無垢床と過ごしていただけるよう、サービスも充実させてまいります。

ブログ記事・SMALL WOOD TOKYOへの
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
「コメント」ではないので、サイトに表示はされません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする