新築にも『敷くだけフローリング』は人気!

新築だけど『敷くだけフローリング』を敷きたい、という方が初めて現れたとき、正直ちょっとびっくりしました。

「新しいお部屋なのだから、あえて敷かなくてもいいんじゃないかしら?」…と思ったのです。
でも、2013年3月から2014年3月のあいだに、一戸建てとマンション合わせて新築のお宅の事例はすでに4軒。

いずれのお宅も、『敷くだけフローリング』を導入した理由は「無垢のスギやヒノキの床にすると気持ちがいいから」です。
ひるがえって言うと、「新築で設置されている合板のフローリングが気持ちよくない」ということです。

いずれのお宅の床も、こんな感じでした。

新築ですから、ピシっと敷かれています。
見た感じでは清潔感があって、お洒落です。

そんな新しいピカピカのフローリングにもかかわらず、その上に『敷くだけフローリング』を敷くことを選んだ方々はおっしゃいます。

「合板の床はベトベトする」と。
……ツルツルしているように見えるんですけどね。

合板のフローリングは、複数の板を接着剤で貼り合わせ、表面にウレタン樹脂などが塗装されています。その塗装がベトベトするのでしょうか。

詳しくうかがうと、こんなお話も出てきます。

「刺激臭がして頭が痛くなる」
「掃除を何回してもきれいにならない」
「梅雨から夏にかけて蒸し蒸しする日は、特にベトベトする」
「冷やっとして、キッチンで立ち仕事をしていると身体が冷える」

で、『敷くだけフローリング』を敷くとどうなるか。

「変な匂いがなくなって、気持ちよくなった!」
「生活臭も玄関の靴の匂いも気にならない! 」

「犬の毛もくっつかないし、埃も舞わない!」
「ほうきだけできれいになるから、掃除機は使わなくなった!」

「梅雨どきも夏もさらっとした感触が気持ちいい!」

「夏の体感温度が2℃くらい下がって、扇風機だけでも平気で過ごせる!」
「冬でもスリッパいらずで過ごせました!」

……こうした変化を見れば、『敷くだけフローリング』の快適さがよく分かります。無垢の木がもたらしてくれる「気持ちよくなる効果」、すごいです!

その効果を整理すると、大きく3つ。

☆消臭効果 ☆調湿効果 ☆断熱効果

そしてさらに、雰囲気もとっても素敵になります。

新築のお宅の『敷くだけフローリング』の事例をご紹介

まずは冒頭でご覧に入れたのお宅のbefore&afterです。

清潔感のあるシンプルな設いの、素敵な雰囲気のお部屋です。
でもご覧ください、『敷くだけフローリング』を敷くと……

なんともいえない温もりを感じる穏やかな光が広がりました。
もとの合板フローリングのオシャレ感が、どこかよそよそしく感じられる気さえしませんか?

もう一つのお部屋ものぞいてみましょう……

直線的で硬質な感じの新築マンションの一室に、得も言えない柔らかな雰囲気が醸しだされているではないですか。

新築一戸建の事例をご紹介

こちらのお宅では、
「何度も雑巾がけしてもベトベトして気持ちが悪かった」という床が、
ポカポカの日なたでゴロゴロできる快適な床に大変身です。

同じお宅のキッチンです。
冬も冷え知らずになりました。

そして、洗面所。
お風呂あがりの足裏がうっとりとするスベスベのヒノキです。

そして、もう一枚の写真は新築マンションの廊下。

新建材の刺激臭に耐えかねて、キッチンや洗面所を含めた全室に『敷くだけフローリング』を設置したお宅です。

……というわけで、新築&『敷くだけフローリング』の光景の数々、いかがでしたか?

「せっかくの新しい合板フローリングがもったいない」というより、「お部屋のグレードがワンランクあがった感じ」と思われたのではないでしょうか?

初めは「新しいお部屋なのだから、あえて敷かなくてもいいんじゃないかしら?」と思った私ですが、敷いた方々から喜びのお声をお伝えいただくたびに、「新築だからこそ『敷くだけフローリング』をおすすめできる!」と確信するようになりました。

誰もが無垢の木をふんだんに使って新築の家が建てられるわけではないですし、無垢の木をふんだんに使ったマンションとなるとなかなか見つけられるものではありません。

だけど、気持ちのいい無垢の床は誰にでも敷けるんです。
しかも自分の手で。
大工さんに頼まずに、一人で、家族で、お友達といっしょに。

『敷くだけフローリング』は、無垢の木がもたらす健やさを暮らしに取り入れたいと願うみなさんの味方です。

ご興味のある方、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積りは無料です。

SMALL WOOD TOKYO(合同会社いとへん)
tel : 0422-77-3353
e-mail : info@smallwood.tokyo
お問い合わせコンタクトフォーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする