ヒノキの風呂フタQ&A

湿気を含んだら風呂フタが反りませんか?

:湿気によって反るのは、無垢の木の特性です。
反ってきたら裏返し、表裏なく使っていただくと、反りは気にせずにお使いいただけるとおもいます。
お湯を張っていない時間は浴槽などに立てかけておき、風呂フタを乾燥させるようにします。大きく反ってしまった場合は、膨らんだ側を日に当てるように干すと、平らに戻ってきます。

使用していたらヌメヌメしてくることはありますか?

:お風呂場に常に湿気がこもっていたり、風呂フタが水滴などによって濡れている状態が長く続くと、カビが発生しやすくなります。
入浴後はしっかり換気して、風呂フタも重ねずに立てかけて乾燥させることをおすすめします。ときどき、石けんカスはやわらかいスポンジなどでこすり洗いしてください。

ヒノキの風呂フタ

ブログ記事・SMALL WOOD TOKYOへの
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
「コメント」ではないので、サイトに表示はされません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする