『ウッドデザイン賞2015』の奨励賞(審査委員長賞)を受賞!!

2015年度、新しく創設されたウッドデザイン賞2015では、応募総数822点中397点が入賞。
その中から、農林水産大臣賞、林野庁長官賞、審査委員長賞を含む40点が厳選されました。

SMALL WOOD TOKYOの「敷くだけフローリング」は、「ライフスタイルデザイン部門」の奨励賞(審査委員長賞)を受賞しました。
写真は、2015年12月10日にエコプロダクツ展内で行われた表彰式の様子です。

〈赤池学審査委員長と記念撮影〉

ウッドデザイン賞は今回が第1回目。

木に関するあらゆるモノ・コトを対象に暮らしを豊かにする、人を健やかにする、社会を豊かにするという3つの消費者視点から、優れた製品・取組等を表彰するもので、主催はウッドデザイン賞運営事務局((特)活木活木森ネットワーク、(公社)国土緑化推進機構、(株)ユニバーサルデザイン総合研究所)。林野庁の後援で実施されました。

「ライフスタイルデザイン部門」「ハートフルデザイン部門」「ソーシャルデザイン部門」、それぞれの部門、木づかいの新たな領域を拓く施設、技術、ユニークな木製品から取組まで、多彩で特色ある取り組みが上位賞に入選し、エコプロダクツ展2015で展示されました。

〈エコプロダクツ展でのウッドデザイン賞展示会場〉

第1回目の「ウッドデザイン賞2015」で表彰していただいたことは、SMALL WOOD TOKYOの取り組みを広く知っていただく機会にもなり、新しい展開のきっかけにもなると思います。
みなさまからのあたたかなエールとして受けとめ、感謝の気持ちでいっぱいです。

私たちがどんなふうに木を使うことが、ほんとうの森の再生につながるのか。
関わる人たちと一緒に考え、共感をつなげながら動いてまいります。

ブログ記事・SMALL WOOD TOKYOへの
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
「コメント」ではないので、サイトに表示はされません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする