多摩産のスギで、スマホ立て作り♡7/30(土)【木工の集い】

自然素材のスギ、そしてシンプルな構造。
見せてもらった瞬間に、欲しい♡ 作りたい♡とドキドキしてしまいました。

そこで、みなさんをお誘いしての「木工の集い」を企画してみました♪
「こんなのが欲しかった!」「作ってみたい!」という方、ぜひご参加くださいませ。

木工の集い〜多摩産のスギで、スマホ立て作り

日時:7月30日(土)14:00~16:00
場所:SMALL WOOD TOKYO ショールーム(三鷹市下連雀3-33-7-701)
参加費:3,500円(材料・飲み物付)
定員 : 8名

予約:お名前、電話番号を書いて、info@smallwood.tokyo または tel: 0422-24-9583

スギですよ、スギでできてる!

今回作るスマホ立ては、こちら。

生粋の東京育ち、多摩産のスギの角材で作ります。

横から見るとこんな感じ。
傾ける角度が、使うシーンで微妙に変えられます♬
例えば、台所でクックパッドを見ながらお料理するとき、ベッドサイドに置いてラジオ聴くとき・・・それぞれ角度を変えたいですよね。
それができるって、すごくないですか〜?♪

しかも、バラせるんですよ、こんな風に。

さらに解体したパーツは、さりげなくコンパクトに平らにできる♡
使わないときは場所取らず、カバンに入れて携帯するのもかさばらない♡

なんといってもスギですから、軽い。
指や手に触れるときに、優しい肌触り。
近寄れば、鼻をくすぐる穏やかな福々しい香り。
静電気を帯びないので、ほこりを呼ばない。

そして、ご覧のようにシンプルな形状ですから、
どんなモデルのスマホにも対応できる。
スマホじゃなくても、ミニ伝言板やポストカード、カフェのメニューなどを載せるのにだって使い回せますよね。
どんな風に愛用するかは、あなた次第♪

こんなスマホ立て、他では手に入りませんよ〜♪

檜原加工所の「多摩産材LOVE」をあなたに

このスマホ立てを考案したのは、東京都森林組合檜原加工所の渡辺さん。
こちら、6月に打ち合わせに伺ったときの写真では、一番右にいらっしゃる方です。

30日には渡辺さんもショールームに来て、作り方を教えてくださいます。

木工の後、お茶を飲みながら交流タイムも取る予定です♪

檜原加工所は、SMALL WOOD TOKYOの「敷くだけフローリング」「もてもてキューブ」「ヒノキの風呂フタ」などの木製品を製造してくださっています。誠実なものづくりの姿勢、丁寧な仕上げには定評があります。

地域に根ざし、地域の材を大切に私たちに届けてくれている檜原加工所さんとの初コラボとなるワークショップです。
豊かな絆をつむぐ素敵な「木工の集い」になるよう、準備を進めております〜♡

ブログ記事・SMALL WOOD TOKYOへの
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
「コメント」ではないので、サイトに表示はされません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする