引越前に無垢床を敷いたら、穏やかなエネルギーが新オフィスに拡がった!

こちらは東京都中央区の森さんが、2016年12月に移転を機に、賃貸物件の新オフィスに「敷くだけフローリング*スギ」を導入され、設置を終えて送ってくださった写真です。

心が洗われるような清々しさが、写真からも伝わってきますね♪

以下、森さんがお伝えくださった感想です。
ご許可を得て、ご紹介させていただきます。

印象的だったのは、設置前後で部屋の雰囲気ががらっと変わったことです。
明るくなったし、柔らかい雰囲気になったし、いいエネルギーが拡がっていくような、そんな印象を受けました。
部屋で過ごす時間がほんとうに心地よくなりました!

部屋の持つエネルギーの静謐さ・穏やかさがぜんぜん違いますね。
ほんとうに設置してよかったと思っています。

無垢のスギやヒノキを敷くだけで、空間が大変身するのに何度も立ち合っている私たちですが、その都度、ほんとうに感動します。
その感動を森さんにも味わっていただけて、とっても嬉しいです♪

壁の一部には落ち着いたグレーの壁紙を、やはりDIYで貼ったという森さん。
洗練された家具やグリーンと、無垢のスギ床の調和もとても素敵ですね。

採寸にうかがったときは、下の写真のように、つるんとした合板フローリングでした。

採寸後にいただいたメールで、
「足元の寒さがだいぶ辛いので、無垢床になるのを心待ちにしています」とお伝えくださっていました。
15mmの無垢のスギを敷くだけで耐え難い足元の冷えが解消される感動も、「敷くだけフローリング」を導入されたみなさまから例外なくお伝えいただいています。
これまた私たちにとって嬉しいことです♪

森さんはCoaching / HR Consulting Office Kizkeyを主宰し、マインドフルネス、認知科学・行動科学、アドラー心理学をベースにしたコーチングをされています。
セッション中に寝転んでリラックスのポーズをとることもあるそうです。
無垢のスギが、やわらかく、あたたかくマインドフルネスの状態に誘ってくれることと思います♪

実は、ご注文に際して、森さんが心配されたことがありました。
あまりDIYの経験がないのに、壁の一部がこんなRになっていたことでした。

でも、ショールームにいらしたときに、無垢のスギがやわらかくて素人でもカットしやすいことを実際にノコギリや糸ノコで体験していただいたところ、「これならできる!」とチャレンジされました。

後日、お伝えくださった感想です。

13畳のオフィスで、設置にかかったのは半日くらい。
最後にぴたっとはまったときは感動しました!
木が柔らかいので、Rになった壁での現場合わせのノコギリ作業も苦にならず、楽しく敷設することができました。

無垢の木は、反ったり割れたりするリスクがあるから使わない・・・なぜか長年、それが常識になってしまっていました。
でも、自分の手で敷けば無垢の木の特徴を知ることができ、心地よさも実感でき、多少反れたり割れたりしても調整出来るようになります(そもそも、丁寧に的確に製材加工された材は、よほどの悪環境でなければ、簡単に反ったり割れたりしません)。

もっと多くの方々に、森さんと同じように、無垢床感動を味わっていただきたいです♪

無垢のスギの香りに心が落ち着き、木目を見るだけで目が安らぎます。
調湿作用や消臭作用のおかげで、室内の空気も清々しく心地よくなります。

このブログをお読みになって「!」と感じられた方、
お気軽にお問い合わせくださいね^^

ブログ記事・SMALL WOOD TOKYOへの
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
「コメント」ではないので、サイトに表示はされません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする