花粉症シーズン到来。「スギの床にしても大丈夫?」とよく聞かれます。

「花粉症なんですが、スギの床を敷いても大丈夫ですか?」

と、お問い合わせされるお客様が結構いらっしゃいます。

「こんなこと聞いて…」な雰囲気を醸しながらお尋ねになる方が多く、
「花粉は花から出るもので、板からは出ないんですよ」と説明し終わらないうちから、
「ですよね〜」な雰囲気になります。

ですよね(笑)。

しかも、「スギやヒノキの無垢床を敷くと、花粉症が楽になることもあるんですよ」と説明すると、驚かれる方が多いです。
どんなに楽になるかは、弊社の花粉症・鼻炎持ちの小田原のこちらのブログをお読みいただくとして、私たちがSMALL WOOD TOKYOを運営している背景も、この花粉症と無縁ではありません。

東京都の花粉発生源対策事業によって大量に伐採されているスギ・ヒノキは、
SMALL WOOD TOKYOの「敷くだけフローリング」や「もてもてキューブ」や「ヒノキの風呂フタ」の材料にもなっています。

人間の都合で大量に植えられ、手入れが行き届かずに花粉症の原因となり、そして今、大量に伐られているスギ・ヒノキが、適切な製材・加工を経て無垢のまま床になれば花粉症を和らげてくれる。
自然のありがたさ、尊さを感じます。

花粉の飛散状況、要チェックです

東京都の報道発表資料によると、今年2017年の飛散花粉数は昨年春と同じくらいと予測されています。
速報によると、2月11日に観測地点12か所中5か所で飛散が確認されているとのこと。

みなさんの中にも、すでに鼻ムズムズ、目カユカユ、口パサパサ、肩バリバリ・・・その他いろいろな症状に悩まされている方が多々いらっしゃることでしょう。
(私は重症ではないものの、年々敏感になりつつあります(涙))。

都内にお住まいの方は、とうきょう花粉ネットで飛散状況をチェックできます。
今日2月23日現在、多摩地域はもう真っ赤(極めて多い)です(←見るとますます辛くなりそうな方は、見ないほうが良いかも?(笑))。

外出時のマスクや帽子、帰宅時の手洗いうがいは基本ですね。
みなさま、どうぞお大事になさってくださいませ。

ブログ記事・SMALL WOOD TOKYOへの
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
「コメント」ではないので、サイトに表示はされません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする