無垢床コンプリート!〜洗面所にヒノキを敷いて、我が家は全室無垢床になりました

いまの家に住むようになって早4年。入居と同時に、居室やキッチン、寝室と全室にスギの「敷くだけフローリング」を敷き詰め、味わいを増していくスギを眺めながら、快適に暮らしています。

床にごろごろするのが気持ちいいリビングに、

寝室もスギで空気爽快◎

家中、無垢♪ 足の裏が喜ぶ、無垢♪
当然、「足が冷えないから、一年中スリッパ要らずです!」と言いたいところでしたが、それを阻んでいたのが、クッションフロアのままにしていた洗面所です。

みなさん、一日にどのくらい洗面所にいるか、想像したことがありますか?

メイクしたり、ドライヤーかけたり。さらに我が家はトイレと同室なので、一日数回のトイレ。その上、洗濯物干し場でもあるので、ゆうに1日30分以上、過ごしているんです。
カウントしてから驚きました。寝室の床を踏んでいる時間より、洗面所に立っている時間のほうがずっと長いではないか!!!

旧ショールームのおさがりでヒノキの洗面所

3月末のショールーム引越しのために剥がした「敷くだけフローリング」から約2畳分を我が家に運び、先週末に洗面所に敷きました。


清潔感がありそうな白が基調、でも汚れやすい洗面所でしたが…、

足裏がウキウキ喜ぶヒノキの洗面所に変身〜♪

トイレも、

踏むところにヒノキを敷きました。

中古板を使用したため、初めから少し飴色に色づき、まるでずっと前から敷いてあったように馴染んでいます
今年初めての夏日になった日曜には、ちょこっと昼寝までしてみました(笑)。

敷いて感激。寒かったのが嘘みたい。

先ほども言いましたが、ほかの部屋は入居時に敷いてしまったので、ビフォー/アフターを体験したのは、洗面所が初めてです。これが、全然違うんですね。

とにかく、床が冷たくないから、寒くない
洗濯物を干す間が苦痛じゃなくなりました。お風呂上りに体が冷えないようにリビングに走っていくことがなくなり、トイレももう焦りません(どれだけ寒かったかわかります?)

お風呂上りに、裸足のままウロウロできるのもいい。
湿り気のある足がクッションフロアに触れたときの、にっちゃっとした感触とは比べ物になりません。床が湿り気を吸っているような優しさがあり、かつ床はさらっとしたまま。そしてほんわりヒノキの芳香が立ち上ります。

ついにスリッパから卒業です!

無垢床コンプリート願望、納得です。

やっとほかの部屋と同じように、洗面所も身体や気持ちに我慢を強いない空間に変わりました

そして、思わずこぼれた言葉が、
「とうとう我が家の洗面所になった〜」

このところ、「敷くだけフローリング」のお客さまには、洗面所や廊下を含めて全室敷きたいという方が増えているのですが、そのお気持ち、いままで以上によくわかるようになりました。
我が家は構造上、廊下に敷くことができないので、できるだけ廊下を踏まないように、部屋と部屋の間はぴょんぴょん跳ねながら移動しています。

ブログ記事・SMALL WOOD TOKYOへの
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
「コメント」ではないので、サイトに表示はされません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする