定時社員総会を開きました。第6期の本格スタートです。

去る7月25日、合同会社いとへんの定時社員総会を開きました。
毎年、創立記念日の6月21日を経て翌月に決算作業が終わると、社員総会を開きます。

合同会社の「社員総会」は、株式会社における「株主総会」にあたるもの。たった2人の会社ですが、毎年1回の定時社員総会はもちろん、重大なことを決めるときには臨時社員総会を開いています。

今年はちょうど創立して5周年。まさにその創立記念日にテレビ番組「にじいろジーン」の撮影があり、共同代表の安田知代の半生SMALL WOOD TOKYO事業を取り上げていただき、7月1日に放映と、賑やかに第6期が始まりました(テレビ放映の報告ブログ)。

第5期は…そして第6期の展望。

2人きりで、総会…?  どうやって…?

と思われますか?
1人が議長になり、予定していた議事を一つずつ見ていきます。

今回の議事は2つ。

第1号議案の決算の承認は、シビアに数値を見ました。

第2号議案の今期の報酬額の決定もシビアに。

と、ここで公式の社員総会は終了です。

そのあとはお茶を飲みながら、会議ともおしゃべりともつかない感じで、第5期は引っ越ししたね、第6期がテレビ撮影から始まるってすごい!、たくさんの方に放映を観ていただいてうれしいね、もっと多くの方に無垢のことをお知らせしたくなった!、どういう風に具体化していこうか?と、振り返ったり、展望を語ったり。とりとめのない話し合いは夕食を挟んでさらに続き、第6期の基本方針が固まりました。

みなさんがイメージする「社員総会」とは大きくかけ離れているかもしれませんが、合同会社いとへんではこうした機会でも気負わず、ゆったり話し合いながら、共同代表2人が丁寧に心を通わせて、さまざまな決定をすることを大事にしています。

6年目の合同会社いとへんも、よろしくお願いします!

ブログ記事・SMALL WOOD TOKYOへの
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
「コメント」ではないので、サイトに表示はされません。
SMALL WOOD TOKYOのニュースレター「ちいさな木」配信希望の方もこちらのフォームからお知らせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする